すぐ見つかる!オリジナルTシャツ作成ガイド

TOP > オリジナルTシャツについて > オリジナルTシャツを作る時気を付けること

オリジナルTシャツを作る時気を付けること

ちょっとしたイベントや学校の文化祭などで、集団で同じシャツを着ることがあります。
これはたいていオリジナルTシャツで、業者に注文して同じ物をいくつも製作してもらうわけです。
遠くから見ても一目でイベント参加者だとか歌手のファンだとわかるのは、シャツにプリントされている内容が直球でわかりやすいからです。
アイドルのコンサートで着るためのシャツだったらアイドルの顔写真がそのままプリントされていたり、名前が書かれていたりします。
また、文化祭などで着る物はクラスのスローガンやマスコットなどが書かれ、これも見ればわかる単純かつインパクトがある物です。
見る者の目を奪うほどデザインが特徴的な物もあり、作り手の意志がそのまま形になるこの手のアイテムは、自由に自分で作れるのが特徴です。


自らオリジナルTシャツを作る場合、気を付けるべきなのはどんなイベントに使う物かあらかじめ決めておくことです。
また、安易に同じ業者で何度も作るより、いくつもの業者を見比べ、見積もりを出してもらってから注文したほうが得です。
それは、同じような商品を取り扱う業者同士でも、細かい部分で違うところがあるからです。
サービスの内容も当然違いますし、一つあたり作るための料金も異なります。
たいていの業者がまとめて作ると安くしてくれますが、大人数の注文をする機会はめったにないでしょう。
自分ひとりが着るために作る時は、ある程度マニアックに走っても大丈夫です。
サークルの集まりなどで回りに合わせる必要がある場合は、あまり個性を主張しすぎないよう注意しましょう。
これは、個性を発揮しすぎることでその場から浮いてしまうのを防ぐためです。


見た目にも目立ち、自分で着ているのが楽しくなるようなオリジナルTシャツを作れたら最高です。
アニメやマンガのキャラクターを上手に書ける人は、デザインの中にキャラクターを組み込むとインパクトが大きくなります。
ゲームのワンシーンをそのままシャツにデザインすることも今は簡単にできますし、製作費も安いです。
オーダーメイドの背広と作り方はほぼ同じですが、インターネットで注文するケースが大半で、デザインを自分が用意してデータにして送り、大きさなどを指定して作ってもらう点は非常に進んでいます。
衣類は自分の気に入った物を着るのが一番しっくりときますから、自分で着る物を自分で作るオーダーメイドの理念は正しいわけです。
プリント技術の高さも関係していますが、今はこれら個性的なグッズを作りやすい環境ができています。